すっきり☆シェイプマシーン

二次会の会場別の服装選び

結婚式の二次会は、会場や雰囲気よっては、結婚式のようなフォーマルワンピースのようなきっちりとした服装でなくても良い場合が多いです。でも、その出席する二次会がどんなスタイルの会なのか確認しておかないと、服装で浮いてしまって恥ずかしい思いをすることもあるかもしれません。そのようなことにならないためにも、会場別の服装やマナーについて確認してください。
会費が8,000円~1万円くらいかかる二次会や、挙式と披露宴が終わった後に、同じ会場で二次会が行われる場合は、結婚式の出席者がそのまま出席することが多いので、フォーマルな服装がふさわしいです。結婚式の会場と同じ場合は、そのままフォーマルワンピースでも良いですし、露出が少ないパーティドレスなら問題ないでしょう。夜の二次会では肩を出す程度の露出なら大丈夫ですが、周りとの服装の差を考えて、羽織物を持参しておいた方が良いでしょう。また、夜の寒さが気になるミセスも、すぐに取り出せるストールなどを持っていると安心です。
逆に、カジュアル過ぎる服装はNGです。素材が綿の服や柄物のワンピースは、このような二次会にはカジュアル過ぎてしまうでしょう。そのような服装で出席する場合は、小物やアクセサリーなどで高級感を出しましょう。
レストランやカフェなどで行われるセミフォーマルな二次会では、ややカジュアルな服装でもOKです。ただし、普段行くようなレストランやカフェなら、とカジュアルなパーティを想像するかもしれませんが、普段着のような格好はNGです。そのお店がどんな雰囲気なのか下調べしておきましょう。フォーマルワンピースでも良いですが、少し堅苦しいかな、と感じる場合は、ジャケットやカーディガンを羽織ると良いでしょう。一番良いのが、無地の“よそ行き”ワンピースです。それに、パーティ用の小物を用意すればセミフォーマルになります。ワンピースが苦手、というミセスは、デザインや素材が上品なものなら、パンツスタイルでもOKです。
居酒屋などが会場の場合は、さすがにドレスで行くと逆に浮いてしまいます。それでもいつも通りの服装ではなく、できればワンピースやスーツなど、普段着以上のきちんとした服装にしましょう。また、カジュアルな会といっても、素足だったりサンダルやミュールを履いて行ったりするのは避けた方が良いでしょう。