すっきり☆シェイプマシーン

ソーシャルアパートメント

ソーシャルアパートメントは、従来型のお部屋の他にラウンジなど充実した共用部がついて、住人間の交流を楽しむ新しいアパート・マンションです。シェアハウスと同じように、東京で一人暮らしを始めるには手軽で便利なシステムのように思えるのですが、シェアハウスと何が違うのか、ソーシャルアパートメントの良い点は何なのか考えてみました。
どこに住もうと周囲の人々との人間関係が住まいにおいて大事であるということは、みなさん分かっていらっしゃると思います。
シェアハウスは、一つの空間を複数人で共有してコストを抑えて住もうという発想から生まれているため、一般的にコスト重視で展開されています。初期費用も必要なく、誰でも手軽に住めるというイメージがありますが、誰でも住めるということは、様々な価値観、様々な生活習慣の人が住むということです。
そこで考えられるトラブルとしては、騒音の問題や清掃の問題など、時には盗難の問題などが予想できます。
誰でも気軽に入居できるという点で多様性や利便性は評価できますが、その分人間関係でのトラブルが生まれやすいという構造が生まれます。
それに対してソーシャルアパートメントでは、入居までに独自の入居審査を行うことで、人間関係での問題を最小限にするよう努めています。
問い合わせ時、内覧時、契約時と3つの接点でそれぞれ審査が行われ、最終的にソーシャルアパートメントのコンセプトに共感した人が入居するしくみになっています。そのため貸主借主と良好な関係性が築けると共に、入居してからのトラブル軽減に繋がる仕組みになっています。